最新ニュース 詳細内容

언어 선택



현재위치

HOME
> お知らせ広場 > 最新ニュース

最新ニュース


詳細内容

最新ニュース 詳細内容
題目  1345外国人総合案内センター開所してからわずか1年ぶりに200万コール突破
作成者  HiKorea
イメージ   1345外国人総合案内センター開所してからわずか1年ぶりに200万コール突破 イメージ

1345外国人総合案内センター開所してからわずか1年ぶりに200万コール突破


1345外国人総合案内センター開所してからわずか1年ぶりに200万コール突破

全国どこでも1345を押すと出入国、ビザ、在留及び国籍など国内で在留する外国人の請願相談を一カ所で電話での案内を提供するため昨年3月31日に開いた1345外国人総合案内センターが開所してからわずか1年ぶりに200万コールを突破した。

法務部は国内最初の外国人を対象とするコールセンターである 
"1345外国人総合案内センター"が開所してからわずか1年ぶりに相談電話200万コールを突破し国内で在留する外国人の請願相談の窓口として役割を果していると明かした。

外国人総合案内センターは英語、中国語、ベトナム語、モンゴル語、ミヤンマ語、アラブ語など17種類の外国語の駆使能力を整えたコンサルタントを配置し電話相談サービスを提供している。

当センターは昨年の間一月平均17万9千与件の電話相談(ARS案内一月平均7万5千与件を含む)業務を遂行し、通訳人力を確保できず外国人相談業務が事実上難しかった公共機関に3者
通訳サービスを提供するなど国内で在留する外国人の行政サービスの接近性向上にも大きく寄与している。

※ 現在は政府請願案内コールセンター(110)、消防防災庁(119)、応急医療情報センター(1339)
、国立顯忠園、国税庁、大田市庁など九つの公共機関に3者通訳サービスを提供している。

さらに当センターは韓国語の駆使能力のある結婚移民者を特殊外国語コンサルタントとして
採用し質のいい相談サービスを提供する一方、就業を通した定着支援など結婚移民者の社会統合にも寄与している。

※ 現在は帰化者4名など総6名(ウルド語、ネパル語、モンゴル語、ミヤンマ語が各一名、ベトナム語2名)の結婚移民者がコンサルタントとして勤務している。

これから法務部は公共機関3者通訳サービスを持続的に拡大し、海外からも時差に関わらず 直接外国語相談を受けられるよう24時間運営する方案などを積極的に推進している。

QUICK MENU

hikorea character

기관배너

사이트 배너

PREV
NEXT