언어 선택

현재위치

HOME
> 情報広場 > 韓国生活

住居


文字大きさ(拡大) 文字大きさ(縮小) プリント

ホテル

ホテル韓国のホテルは超特急、特急、1等級、2等級、3等級に分類されますが、西欧のホテルの等級と同じ等級とは言えないです。ホテルの等級は大韓民国の国花である無窮花の数字で識別されます。客室は二種類があります。一人用または二人用のベッドになってる西欧式と暖房された床に布団を敷いて寝るオンドルと知られた韓式があります。会議室、宴会室、食堂、バー、免税店、ジームーのような他の施設もあります。
いくつかのホテルは展望がとても優れています。大体のホテルは空港からの交通が便利で、人気のある観光地との交通も便利です。客室は2週位前には予約をしなければならないです。特に盛需期と国際行事がある時には1~2ヶ月前に客室を予約しなければならないです。退室は正午前にすることが一般的です。客室料には食代が含まれてないです。大体のホテルは一人用客室が少ないので予約前に客室の種類を確認しななければならないです。
- ホテルでは10%の付加税と10%のサービス料が追加されます。
- ドアが閉まったら自動的にロックされます。いつもキーをお持ちになり、出かける場合はホテルカウンターに預けましょう。

長期投宿客のためのホテル

長期投宿客のために各客室に洗濯機、冷蔵庫、テレビ、VTR、DVDPLAYERのように AOUDIOシステムを整えています。プール、ジム、レストラン、ゲームセンターのような便宜施設も楽しめます。一日の宿泊料は大体100,000万ウォンですが、投宿期間によって割引ができます。

旅館(モテル)または宿屋

モテルと宿屋の宿泊料は場所と季節によって違いますが、普通、20,000ウォンと60,000ウォンの間です。12時以後の遅い退室に対しては追加料金が発生します。宿泊料には食事代が含まれてないです。西欧式と韓式の客室がありますが、韓式の客室だけを持ってる所もあります。職人は英語を話せない場合もあり、 制限された施設をもっていますが、客室使用料にサービス料と税金が追加されないです。
韓国の政府は下宿制度を許可しています。

ユースホステル

韓国では51個のユースホステルがあって大体は韓国ユースホステル協会の会員です。料率は15,000ウォンと40,000ウォンの間が多いですが、その位置によって違います。いくつかのユースホテルは会員だけが利用できますが、その他のユースホテルは会員ではなくても利用できますが、普通30%の追加料金が求められます。他国のユースホテルでは会員証を提示すると同一料金を適用できます。食べ物が他のところよりやすくて、調理施設もあります。 入室手続は正午から午後2時までで、退室は正午までです。
韓国ユースホステル協会 [http://www.kyha.or.kr] Tel. 02-725-3031

コンドミニアム

コンド(コンドミニアムの約語)というマンションみたいな宿泊施設がスキー場、ゴルフ場と他のリゾート地益にあります。コンドにはストーブ、冷蔵庫、調理ファン、皿などを整えている厨房施設があります。そしてスーパーとスポーツクラブを含めた他の施設もあります。盛儒期には4人室用(56.1平方メートルマンション)一日の使用料は150,000万ウォンですが、非儒期には60,000ウォンです。入室手続きは正午から午後2時までで、退室も正午までです。大体のコンドはスキーシーズンと主な休日の間には2~4週前に予約しないといけないです。

ゲストハウス

ゲストハウスは韓国文化と食べ物を体験したい人のためのものです。これを通して韓国と韓国固有の文化に関して覚えられる良い機会になれます。
イメージ出所, 内容出所
イメージ出所: [インベストコリア] http://www.investkorea.org
内容出所: [インベストコリア] http://www.investkorea.org

QUICK MENU

hikorea character

기관배너

사이트 배너

PREV
NEXT