언어 선택

현재위치

HOME
> 情報広場 > 出入国/在留案内

在留一般


文字大きさ(拡大) 文字大きさ(縮小) プリント
外国人の 在留
  • 在留期間により短期在留、長期在留、永住で区分される。
    - 短期在留 : 在留期間 90日以下
    - 長期在留 : 在留期間 91日 以上
    - 永住: 在留期間の制限は無い
  • 長期在留と永住の場合は入国日から90日以内に外国人登録又は国内居所申告をするべし。
在留外国人の活動範囲と国内での就業
  • 外国人は、在留資格と在留期間の範囲内で在留できるし、法律で定めてある場合のみ政治活動ができる。
  • 外国人が韓国で在留しながら就業をする場合には、就業のできる在留資格を所持するべしで、決まった勤務場所のみできる。
  • 決まった勤務場所を変更する場合は、事前に或は一定な期間内に管轄の出入国管理事務所で許可を受けるか申告をするべし。
  • 就業活動ができる在留資格は下記のようである。
      短期就業(C-4)、 教授(E-1)、 会話指導(E-2)、 研究(E-3)、 技術指導(E-4)、 専門職業(E-5)、 芸術興行(E-6)、 特定活動(E-7)、 非専門就業(E-9)、 船員就業(E-10)、 居住(F-2)、 在外同胞(F-4)、 永住(F-5)、 結婚移民(F-6)、 観光就業(H-1)
  • 就業できる在留資格を所持してない外国人を雇用するか雇用の斡旋若しくは勧めてはいけない。
  • 不法で外国人を雇用したか雇用の斡旋若しくは勧めた場合、出入国管理法の違反で処罰を受けるようになる。
  • 外国人を雇用する場合、外国人登録証所持の上、就業できる在留資格を所持したか確認するべし。
  • 外国人登録証を所持しても就業活動の制限される事も多いので、管轄の出入国管理事務所へ問い合わせの後、雇用して下さい。
< 作成日 : 2013.01.01 >

QUICK MENU

hikorea character

기관배너

사이트 배너

PREV
NEXT