언어 선택

현재위치

HOME
> 情報広場 > 出入国/在留案内

査証(VISA)


文字大きさ(拡大) 文字大きさ(縮小) プリント
査証(VISA)とは。
  • 査証というものは、元の意味では一種の裏書き或は確認として国の政策により意味が違う。
  • 外国人がその国に人国できると認める「人国許可確認」 意味と外国人の人国許可申請に対する領事の「人国推薦行為」意味でみる国で大別する。
  • 韓国では後者の意味、つまり「外国人の人国許可申請に対する領事の人国推薦行為」で理解している。
  • 従って、外国人が査証を所持した場合でも、空港湾出人国管理事務所、審査官の人国審査結果、人国許可の要件を満たさない場合は人国許可をしない事もある。
査証無しで人国できる場合
  • 査証は、人国許可の基本要件で大韓民国へ人国しようとする外国人は原則的に査証を所持するべし。
  • 但し、次に該当する者は査証無しでは人国できない。(出人国管理法 第7条 第2項)
    • 再人国許可を受けた者或は再人国許可の免除された者で、その許可或は免除を受けた期間満了する前に人国する者
    • 大韓民国と査証免除協定を結んだ国の国民で、その協定により免除対象になる者
    • 国際新善・観光若しくは大韓民トランスナショナル等のために人国する者で大統領令で定めにより人国許可を受ける者
    • 難民旅行証明書を発行受けて出国し、その有効期間の満了する前に人国する者
  • 外国人無(無)査証人国に関する詳細な事項はここをクリックして確認する。
査証の種類
単数(シングル)査証
  • 有効期間内に1回に限って人国できる。
  • 有効期間 : 発行日から3ヶ月
複数(マルチ)査証
  • 有効期間内に2回以上、人国できる。
  • 有効期間 :発行日から
    - 外交(A-1)乃至は、協定(A-3)に該当する査証は3年以内
    - 複数査証発給協定によった査証は、協定上の期間
    - 相好主義、他にトランスナショナル等を検討の上で発行された査証は、法務部長官が別に決める期間
注意事項
  • 査証発給承認を要請した者が、その承認可否が決定される前に国内に人国したらその申請を放棄したと見なして不許処理される。
  • 査証発給申請日或は査証発給に関する法務部長官の承認通報を受けた日から3ヶ月経過した後、査証を発行受けようとする場合には新しく査証発給申請を受けるべし。
在留資格 人国前準備事項 人国 在留 出国
査証免除(B-1)
観光通過(B-2)
  • [無査証人国]に該当する場合
    査証(VISA)無しで大韓民国に人国できる。

    無査証人国
パスポート +
人国申告書
在留期間延長
在留資格変更
パスポート
短期訪問(C-3)



  • 観光、通過、療養、親知訪問、親善競技、各種行事若しくは会議参加、参観、文化芸術、一般研修、講習、宗教儀式出席、学術資料収集、他にこれらと類似な目的で90日を越えない期間の間、在留しようとする者
  • 団体観光、個別観光など観光客及び通過者
  • 外国人患者査証の内、短期訪問者
  • 市場調査、業務連絡、商談、契約など商用活動及びAPECカード所持者が査証無しで 人国する場合
  • 優待企業で選定された企業・団体から招待された者
    ※ 営利目的は除く

    査証発給対象 / 手続き / 具備書類
パスポート +
Visa +
人国申告書
在留期間延長
< 作成日 : 2013.01.01 >

QUICK MENU

hikorea character

기관배너

사이트 배너

PREV
NEXT